☆Happy-Go-Lucky☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 鮎のこと

<<   作成日時 : 2011/09/02 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

9月2日(金)

朝、いつものように鮎がサブママにごはんをおねだり〜♪
そして普段と変わらず缶詰をあげた。
いつもならば、がっついて食べるのに様子がおかしい。
おねだりしたのに食べようとせず、すぐに自分のケージの方へ行ってしまった。
何かおかしいな・・・??なんて思ってた矢先、いきなり「ハァハァ」と呼吸に異変が!!!
口を開けて体全体で深く早い呼吸と大量のよだれ。
そうかと思ったら苦しいのかバタンと横になって倒れたり、、、
ただ事ではない状態だったので慌しく用意をしてすぐに病院へ直行!!
TELをかけていたので病院へ着いたらすぐに診察室へ。
チアノーゼの症状が出ていたので酸素吸入で緊急処置をする。
1時間くらいしたら少し落ち着きが出てきたので、とりあえずレントゲン撮影。
鮎は緊張してすぐに興奮する性格なので扱い方も皆が慎重になってしまう。
レントゲン検査の結果、胸に「胸水」がたまって呼吸困難をおこしているという。
この胸水を取り除かなければレントゲンに何も写らないので原因もわからないそうだ。
11歳と言う高齢な鮎に麻酔と言うリスクはあったけれど今は呼吸確保の方が優先。
迷ってる時間もないのでそのままお願いをした。
処置に時間がかかるので鮎を病院へ預けてとりあえず一時帰宅したサブママ。

鮎の苦しがる光景がずっと頭から離れなくて涙が止まらなくなった。
原因に思い当たる節がないので「何で?!何で?!」と謎ばかりで不安な
時間が過ぎて行った。

午後になり病院からTELが。 そしてすぐに病院へ直行した。

病院へ着いたら鮎は目が覚めていたけれど、かなり興奮気味で
サブママにさせ「シャーシャー!!」と怒って爪を立てた。
でもいつもの鮎で正直ちょっと安心した。

しかし、様態の方はかなり深刻だった…。
抜いた胸水は250ccもあり肺まで圧迫してかなり呼吸が苦しかったらしい。
そして処置をしている時に先生が左に乳腺腫瘍らしき腫瘍とリンパ節の腫れを
発見したそうだ。 かなりの大きさなのに今まで気づかなかった…。
ネコの乳がんは90%が悪性らしくもしかしたら鮎の胸水は
この腫瘍からきているものかもしれないと言われた。
悪性ならば進行が早いので全身転移の可能性があるということと、
取り除くには身体への負担もかなり大きくリスクも高いということと、
抗がん剤を使ったとしても効果がないそうだ…。
頭が真っ白になってしまった。
胸水もまたいつたまるかもわからないし、そうなったらまた呼吸困難になってしまう。
処置の度に鮎はパニックで興奮してしまうし、毎回麻酔は体への負担も大きすぎる。
課題がたくさんで頭がイタイ…。
結局レントゲンだけでは原因がわからなかった。
とりあえず入院はせずに鮎は一時帰宅をした。

画像

画像
処置のため剃られた脇腹が痛々しい…。

抜いた胸水を病理検査に出して原因を調べてもらうことになった。
これからのことは結果が出てから考えることにした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鮎のこと ☆Happy-Go-Lucky☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる